ウエストワードのNKピンは外壁補修の耐力アップと作業性に最適です

株式会社ウエストワード

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

Tel.06-6586-9004

株式会社ウエストワード

製品紹介

建物外壁、トンネル内壁、橋梁など
コンクリート欠損部への
断面修復工事に最適

ステンレスピン

国土交通省NETIS登録工法 KK-150052A
実用新案登録済み 登録:
第3177016

製品特長

特長1 従来の寸切りステンレスピンを結束した工法等に比べ、
アンカーと一体型の為、作業性・強度に大変優れています。
特長2 機械固定式アンカー(心棒打込式アンカー)を使用しているので、アンカー打ち込みと同時に 次工程の作業が可能となる。
特長3 樹脂モルタル等の補修材と一体化し、強固な断面修復補修が出来る。
  • 壁の破損面
  • 壁端の破損面

高い固定耐力

一社日本建築総合試験所にて十分な固定耐力を有すると評価されました。

強度試験の結果

試験方法 試験に先立ち、試験体表面(ポリマーセメントモルタル部)に、鋼製アタッチメント(縦 150mm、横 150mm)を、エポキシ樹脂系接着剤を用いて張り付けた。試験は、定速型万能試験機(ロードセル容量:100kN)を用い、載荷速度を1mm/minとして、鋼製アタッチメントを介してアンカーピンに一軸漸増引張荷重を加えて最大荷重を求めた。なお、試験は、ポリマーセメントモルタルの材齢23日に行った。
試験体番号 No.1 No.2 No.3 平均
引張最大荷重
(kN)
2.44 4.93 2.18 3.18
破壊状況*1 AおよびB AおよびC A -

*1 破壊状況の記号を以下に示す。
A:コンクリート平板からのアンカーピンの抜け出し B:コンクリート平板の一部破壊 C:ポリマーセメントモルタルの破壊

  • 耐久検査1
  • 耐久検査2
  • 耐久検査3

標準的なグリッド

  • 一般部分グリッド(330×330)

    一般部分グリッド(330×330)
  • 指定部分(*1)標準グリッド(250×250)

    指定部分(*1)標準グリッド(250×250)
  • 狭幅部(*2)

    狭幅部(*2)

*1.指定部分とは、見上げ面、ひさしのはな部分、まぐさ隅角部分などをいいます。
*2.狭幅部とは、幅200mm以下で帯状に剥落している箇所のことをいいます。
(国土交通省「公共建築改修工事標準仕様書」より)

外形寸法

  • アンカーピン側面図
  • アンカーピン側面図

仕様

品番 ねじ呼び径A 全長B ねじ長さC 穿孔D 幅E 厚みF 外径G
6ΦL60型 M6 60 20 6.4 5 5 40
6ΦL80型 M6 80 20 6.4 5 5 40

品質規格(6ΦL60型)

項目 概要
材質 ステンレス(SUS 304系)
寸法 [外径]Φ6mm×全長60mm(アンカー部)
[外径]Φ40mm、厚み5mm(笠部)
固定耐力(最大荷重) 3.18KN(324kgf)
[(一財)日本建築総合試験所 試験結果平均値]
剪断最大荷重 6.30KN(643kgf)
(サンコーテクノ(株) カタログ値)

施工手順

  • ステップ1

  • ハンマードリルを用いて穴を開ける

穿孔

ハンマードリルを用いて、穿孔径Φ6.4mm、
穿孔深さ30mmの穴を開ける。

  • ステップ2

  • 孔内を清掃後、NKアンカーピンを孔に挿入し、所定の埋め込み深さに達しているか確認する

NKアンカーピンの挿入

孔内を清掃後、NKアンカーピンを孔に挿入し、
所定の埋め込み深さに達しているか確認する。

  • ステップ3

  • ハンマーを用いてNKアンカーピン収まりきるまで叩く

打込み

ハンマーを用いてNKアンカーピンの
心棒部分が収まりきるまで叩く。

  • ステップ4

  • 被着体面にプライマー塗布後、樹脂モルタル等の断面修復材を充填する

断面修復材充填

被着体面にプライマー塗布後、樹脂モルタル等の
断面修復材を充填する。

  • NKアンカーピンの打ち込み

    NKアンカーピンの挿入作業

  • 施工後の天井面は綺麗に施工完了

    施工完了